ヌーラ イオンクリア 比較

スプレータイプの体臭ケア商品が欲しいというあなたにおススメのヌーラとイオンクリア!ヌーラとイオンクリアはどこが違うのでしょうか。両商品を比較してみました。
MENU

スプレータイプの体臭ケア商品の、ヌーラとイオンクリアを比較!

スプレーするだけで消臭ケアできる商品が今人気となっています。

 

なかでも、ヌーラとイオンクリアはトップを走りぬける商品です。

 

そんなヌーラとイオンクリアの違いは何なのか、気になりませんか?

 

ヌーラとイオンクリアの違いを比較してみました。

 

<ヌーラとは>
2015年、口コミで広がった累計販売数は20万本を突破し、いまもなお販売数を伸ばし続けています。

 

ヌーラは、衣類で体臭ケアを行う新しい体臭ケア方法を取り入れた商品です。

 

衣類に事前にスプレーしておくとこで、体臭ケア効果が見込めます。

 

ほんの1滴で酸性臭い、アルカリ臭、皮脂の酸化臭を抑えることができるため、ワキガ、汗の臭い、足の臭い、加齢臭といった臭いを99%無臭化させるほどの力をもっています。

 

<イオンクリアとは>
イオンクリアは、有名劇団やテーマパークの衣装の消臭剤としても使用されています。

 

体臭、タバコ臭、食事の臭いをさっとおさえたい方に向いている衣類を防臭加工し、体臭を防ぐスプレーです。

 

イオンクリアを販売している「ハーパーベンソン」は、業務用の消臭剤、防カビ剤などを開発、製造する日本の化学メーカーです。

 

業務用の消臭剤を作るにあたって用いた技術を、イオンクリアにも用いているため、その消臭効果は家庭用の消臭剤の30倍もの力を持っているとされています。

 

,<ヌーラとイオンクリアの比較>
ヌーラとイオンクリアの詳細を比較してみていきましょう。

 

ポイント1:価格
まずは、価格を比較していきます。

 

◎ヌーラ 携帯用30mlスプレー 864円(税込)
◎ヌーラ210mlスプレー 1944円(税込)
◎ヌーラ詰め替え用1000ml 5122円(税込)

 

に対して、
◎イオンクリア100mlスプレー 1620円(税込)
◎イオンクリア詰め替え用300ml 3672円(税込)

 

こうして価格を比較してみると、容量は違うものの、ヌーラの方がやや安く購入できることがわかります。

 

ポイント2:使い方
次に使い方の比較をしていきます。

 

ヌーラは、水をかけても大丈夫な衣類が対象となります。

 

洗濯直後でも、乾いた衣類にもスプレーすることが可能ですが、直接肌に触れる部分にスプレーをする場合は、スプレーが乾いてから着用するようにした方が良いので、着る前日などにスプレーをしておくのが良いでしょう。

 

スプレーする量は、衣類全体がしっとりする位で、特に気になるワキなどにはしっかりとスプレーをし、たくさんスプレーするほど効果を発揮します。

 

洗濯をすると、成分が洗い流されるため消臭効果は失います。

 

イオンクリアは、下着や靴下、シャツの脇部分など、気になる部分に直接スプレーしていいきます。

 

衣類から、30センチ程離し、衣類が軽く湿るくらいの量をスプレーします。

 

目安は、両脇で3回ずつスプレーし、液が十分に乾いてから着用するようにしましょう。

 

一度スプレーしたら1週間は効果が持続するとされます。

 

ヌーラは、洗濯直後にスプレーし臭いが発生する前の、そのまた前の段階からスプレーをすることがおすすめされていますが、イオンクリアは乾いた衣類にスプレーをします。

 

また、ヌーラはスプレーすればするほど効果を発揮するのに対し、イオンクリアは両脇で3回ほどが目安であることや、効果の持続力にも差があるので、ヌーラの方が使用量は多くなりそうですね。

 

ポイント3:成分
最後に成分を比較してみましょう。

 

ヌーラは、エタノール・精製水・液状イオン交換体(ブドウ糖由来の天然成分で構成されている)で出来ています。

 

イオンクリアは、無機金属塩・グリコールアミン長鎖化合物で出来ています。

 

また、イオンクリアはアルコールを含まず、清涼飲料水の成分規格をクリアしているので、万が一口に入ってしまっても安全な成分で作られています。

 

<スプレータイプの体臭ケア商品の、ヌーラとイオンクリアを比較!:まとめ>
同じように衣類にスプレーする消臭アイテムでも、比較をしてみると成分や持続力も違うことがわかります。

 

価格に関しても、量と価格だけで比較すると、どちらが安いのかと簡単に判断してしまいがちですが、使用量や持続力を加算していくと、トータルで見て安いのはどちらなのかな?と考えることもできます。

 

どちらも体臭ケアアイテムとして非常に優れ、人気のある商品なので、自分がどこを重視するのかによってアイテムを選ぶようにすると良いですね。

 

>>【デオシークの最安値】知らないと大損!?一番安い販売店の価格は…

このページの先頭へ